おじさんが一人暮らしを始めて出会い系にはまって死んだ

メール

私のおじさんの話。
小さい頃からよく遊んでくれて仲良くて大好きだったんだけど。
お金が絡むとこんなにも人生狂わされるなと実感した話。

おじさんはずっと両親と祖母と四人で生まれ育った家で生活してたんだけど。
ひとり暮らしの経験もなかったし、結婚もしないまま気づけば中年になってた。
後で知った事だけど、仕事も長年勤めた会社での派閥争いに巻きこまれて辞めっちゃったんだって。
支持していた直属の上司が権力争いに敗れたんのが原因で、会社に居場所がなくなっておじさんが支持していた派閥一派はみんな辞めたんだとか。

テンシ

どうして争っちゃうんだろう?
会社の派閥争いなんて、意味ないのにね。

アクマ

いや、争いはあった方が、仕事のやる気に繋がると思うぞ

テンシ

そういう事もあるかもしれないけれど…

年齢と田舎で仕事が少ない事もあって、なかなか安定した仕事に就けずに長いこと不安定な短期バイトなどで食いつないで生きてたよ。
まともな仕事見つけてきたと思ったら直ぐに辞めちゃうしね。
それでもうちの両親と一緒に暮らしていたから何とかなっていたんだけど。

古い一軒家だったので便利な場所にマンションを買って両親が引越ししてしまってから、状況がどんどん悪い方へいっちゃうんだな。

実家に残されたおじさんと祖母。
まだ祖母も元気だったし、おじさんも中年の大人だし、両親が電気・ガス・税金と負担できるところは援助もしてたしで、祖母一人でも何とか生活はしていけるだろうってことで、おじさんは一人暮らしを始めたんだ。
もちろんそんなに離れた場所に引越しした訳でもなかったから、こちらから様子を見に行ったり、マンションに遊びにきたり交流はあったよ。
実家にいる時はうちの父には頭が上がらずに、ずっと気を使った生きてきたおじさんだったから、両親という足かせが外れたというのか、初めて家族に気を遣わずに生活できる自由を手にした事で思わぬ方向につき進んじゃうんだ。

テンシ

遂に一人暮らし!よかったね!

アクマ

一人暮らしは、暇な時間は減るが自由な時間が増えるからいいよな

私は実家を離れていたのけど、おじさんとは仲良しで頻繁にメールしたり、たまに電話で話したりしてお互いの近況は分かってた方だと思う。
だけど両親が引越ししてから、メールの回数が減ったなとは感じてた。
でもさほど気にとめなかったんだよね。
一人暮らしで、何かと忙しいのかな~って思ってた。

でも、今考えればその頃から少しおかしかったのかもなと思う。

何か変わったなと思い始めたのがメールの内容。
今まで少ししか使ってなかった絵文字が異常なほど多くなった。
(どうしたんだろう?最近絵文字が使える様になったから嬉しくて沢山使ってるのかな。)なんて事ぐらいしか思ってなかったけど。

メールの内容も少しずつ変わって、若い女の子にでもメールしてるみたいに私にメールしてくるから、急な変化にどうしたんだろうとは思ってたんだ。
私もその時初めての出産であまり深く考える余裕もなかったし、そもそもメールの数も減ってたかたら気にもしてなかった。

アクマ

絵文字?若い女の子にするメール?ギャル男化したのかな?

天使

ギャル男って何?

悪魔

えっ…ちゃらちゃらしてウェイウェイ言ってるような…

テンシ

ああ!パリピのことか~!

d27

マジか…
パリピって言葉があるのか…
最近はギャル男って言わないのか…

産後落ち着いてから子供を連れて初めておじさんに会いに連れて行ったんだけど、それは喜んでくれたよ。

旦那も一緒に連れて行ってったんだけど、子供の荷物を取りに車へ向かった私にこっそり近づいてきたおじさんが、「今お金いくらある?」と聞いてきたので驚いた。
そんな事聞かれたの初めてだったから「二万円入れてきた」と答えると「今手持ちがなくて旦那さんにも飲み物出したいから一万円貸してくれないかな」と言われて素直に渡した私。
それから車でコンビニに行って缶コーヒーを買ってきて渡してくれた。

こっそり私に五千円返して「帰る日までには残りの五千円も返すからね」と笑顔で言われたから、「わかった」って言って帰ったけど、大好きなおじさんにお金貸してって言われたことのショックと、旦那には言えないなという罪悪感で何とも言えない気持ちになったよ。
結局その後おじさんから電話で「帰るまでにお金用意できなくて次に会った時には必ず返すから」と言われたけど、缶コーヒー一つも買えない位生活に困ってるのかなと心配しつつ家に帰ったんだけど。

d32

缶コーヒーって120円くらいか?
1万円も借りる必要あるか?

天使

怪しいね…。
今ならまだ、ちゃんと話し合えばおじさんの抱えている問題をストップできそうな気がする!

それから4ヶ月後の夜中に突然姉からの電話。
こんな夜中に電話なんて掛かってくることないから、何だか嫌な予感はしたんだけど、「今日の朝おじさん亡くなったんだって」という内容だった。
詳しく聞くと、電話をしても出ないおじさんが心配になって、祖母が合鍵で部屋を覗いたら冷たくなってたんだとか。
祖母もどうしたらいいのか分からなくて近所のおばさんに電話で来てもらって確認してもらったんだって。

夜中に心臓発作を起こした事が原因で、就寝中にそのまま死んじゃったみたい。
お金がなくて持病の糖尿病の治療をしなかったらしく、この数ヶ月で別人の様に痩せ細ってたって後で聞いたよ。

悪魔

オレらの同僚が魂買ったのかな

テンシ

話し合いをすれば解決しそうだったのに…。

そこからが大変だったんだけど、おじさんはどうも出会い系サイトにはまっていたらしくて、女の子にかなりお金を貢いてたらしいんだよね。
実際おじさんの遺体を囲んでこれからどうするかって話をしていた時もおじさんの携帯が鳴って、出たら出会い系サイトの女の子からの電話だったみたいで、みんな呆れてたらしいよ。

テンシ

うわぁ…

アクマ

おじさん真面目そうだもんなww
真面目な奴ほど女に狂うんやなwww

それからは出てくるわ出てくるわ借金の数々。
両親からも借金してたみたいだけど、親戚の家を回って「儲け話がある」って言っては結構な額の借金をしていたらしい。

dummy

儲け話は危ないって、この人も言ってたし、この人も言ってたね…

そして亡くなる一週間前には、祖母の生命保険を勝手に解約してそのお金を女の人に貢いでたのがバレて、両親から絶交されてマンションの部屋の前で号泣してたって事も聞いて、何といっていいのか大好きだった気持ちが少し揺らいじゃった。

テンシ

おばあちゃんの生命保険はだめだよ…
もしもの時どうするの…

アクマ

女に狂ってまともな判断ができないんだなww

両親は葬式に部屋の片付け、親戚への借金の片付けに追われてだいぶまいってた。
もちろん私の貸した五千円も返ってきてないけど、五千円で済んだからよかったのかな、きっと。

人生一回悪い方に転がると行くとこまで行っちゃうんだなって実感したよ。
お金って人生簡単に狂わせちゃうんだな。

テンシ

これは…お金というか、出会い系が人生狂わせた話だと思う…

悪魔

おじさんは、寂しかったんだろうな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る