親戚の男が不法侵入…。しかし、認めない親。親戚関係は冷めきった状態に。

怪しい男

39歳女性。

ある日、私のクレジットカードの請求書が届いた。開けて内容を見ると、使った記憶のないものだった。

記憶違いかよく思い出してみようと思っていると、数日して別のカード会社から請求書が届いた。

これも使った記憶がないもの。金額も万単位だ。これはどこかでカード情報を盗まれたのだろうと疑った。

天使

犯罪か何かに巻き込まれているの?

アクマ

最初から楽しくなってきた!

2つのカードは普段は持ち歩かないもの。

カードが使われた当日の日付を見て、自分の行動を思い出してみた。

ちょうど1週間ほど家を空けていて、カードは家に置きっぱなしであった。

しかし、家のカギは二重にかけてあり暗証番号式のカギは開けるのが難しいものだった。

カード会社には、不正使用された旨を伝え、この不正に関するできるだけの情報を得た。家の中の不審点も探した。

おかしかったのはお酒が減っていたことだ。ビールと年代物のワインがなくなっていた。

明らかに誰かが侵入したのだ。ただ2枚のカードはもともとに場所にきちんと置かれていた。

テンシ

それ犯罪だよね、あれあれ。

アクマ

ご丁寧に元の場所に戻してあるww

それから夫と共に犯人探しを始めた。

状況では、警察に通報してもどうにもならないようなことだったのだ。

何しろカードの請求元が海外のお店。そこの店とは連絡がつかなかったのだ。

旅行先でカード情報を盗まれたのではなく、もしかしたら使ったのは身内かもしれない。

いつも金に困っている義弟がいる。

しかも、そこの息子はどうしようもない。

テンシ

犯人はあなただ!!!

d23

探偵気取りかよ

テンシ

いや、こんな時に使わないと使えないでしょ

アクマ

寒すぎる…

まず、その息子を家に呼んで話をしてみた。

さりげなく。彼は、勉強はできないが、やたらにネットに関しては詳しいのだ。

しばらく話して家に帰したのだが、その晩、彼は行方をくらました。

ヤツがやったのだ。

カードの請求書が届いて調べれば詳細が分かるというのを知らなかったのか。バカだ。

テンシ

お金使って行方くらますってどこまでもひどい人だ!

アクマ

俺的には読んでて楽しい文章だけどな。

テンシ

いやいや全うな人生を送ってよ

アクマ

金盗んで消えた時点でもう駄目だろう

彼は成人になったばかりだ。親は彼の居場所を突き止め、聞きただした。彼は自分の罪を認めた。

しかし私はこのままではいられなかった。似たようなことを以前にもされていたからだ。

テンシ

余罪あり!?

d31

いじれる範囲を超えてる

テンシ

潔く罪を認めてください

その時は、彼もまだ子供だったので許した。でも今回は許すことはできない。

家宅侵入、窃盗罪だ。ちゃんとした罪だ。私は警察に届けるつもりであった。夫も同意してくれた。

彼が罪を認めたにもかかわらず、実際警察に届けると言いだしたら義弟夫婦は反対した。

彼に汚点が残るからだ。

天使

ちゃんと更生したほうが、汚点が残るとしてもこれからの人生ちゃんと生きていけばいいのでは?

d25

親が反対している時点でおかしいだろ。

テンシ

確かに

親もバカだ、こんな子供、一度刑務所に行かせないとなおらない。それが親心ということもあると思う。

金を返すから許してくれとでもいうのか。身内だから許してくれるとでも思っているのか。私は身内ではない。

ただの嫁であり、あなたたちとは血の繋がりはない。

実際、私のところへ来て「ごめんなさい」の一言もなかった。

テンシ

謝りもないとか、親の教育がなっていない

d23

この家族に何を言ってもダメだろ

恥ずかしくて顔を合わせられないとか。

恥ずかしくても、自分の息子連れてきて謝らせるのが常識だろ。

それが親の務めではないのか。親自体が私のところへ来れないのだから、この親にしてこの子ありだ。

この事件は、夫の身内全部に知れ渡った。私が警察に通報するというのに反対したのは、義母と義弟夫妻だった。

義姉や義兄は反対はしなかった。反対しなかった義姉や義兄は彼はどうしようもないとわかっていたのだ。

これがいい機会ではないかと思っていたのだろう。しかし、数週間後、義姉がうちにやってきて言った。

「あの子はどうしようもないことをした。あなたにはすごい迷惑をかけた。
親が謝りに来れないのも本当にどうしようもないことだ。
あの子が馬鹿なのはみんなわかっているが、金を返すということで許してはくれないか」と。

義弟は返済金額を持っていないので、義姉が代わりに返すということだった。

義姉も義弟に懇願されたのだ。どうしようもない兄弟を持つとかわいそうだ。

は義姉が好きなので彼女の言葉に従うことにした。

義姉はおそらく義兄と共に、彼の尻拭いをしたのだ。

テンシ

なんか腑におちない

悪魔

これが現実だ

そして、代わりに金を返してもらったにも関わらず、義弟夫婦と張本人はノホホンと暮らしているのだ。

義姉や義兄に肩代わりしてもらった金を返すつもりなどそうそうないだろう。そういう人たちだ。

だから、私たち夫婦は義弟夫婦の金銭トラブルには気をつけている。

身内だから金を貸してくれて当たり前。返さなくてもいいではないか、というとんでもない常識はずれである。

調子に乗ると、どうやって金をかけずに済むかというのをいつも考えている。

少しぐらい法に触れても気にしないようだ。だから、こんな子供ができる。

定職にもつかず朝ものんびりしている親を見ていたから、子供もそんな風に育ったのだろう。

義弟夫婦は金がなくなれば義母にせがんでいるようだ。今は小さなお店を持ってはいるが収入は足らないらしい。

というか、金の使い方がおかしい。金が入れば携帯やら何やらくだらないことに使っている。

テンシ

冷めきった親戚関係は悲しいよ

d23

親のすねをかじっていく人生なんだろう。親が死んだらどうするんだろうな。
こういう息子を育てた親がまず問題なんだろうけど。

全く将来も何も考えず、金が足らなくなれば物乞いのように義母にたかる。

幸い、カード事件以来、我が家や義姉義兄には金の問題は起こさないようにしているようだ。

が、こんな身内がいると本当に目障りだ。またいつか、こういう人は金銭トラブルを起こすのであろう。

そして、困った、と相談に来る。その時、私たち夫婦は相談に乗ることはしない。

自分たちで解決すればいいのだ。私たちには関係ない。

テンシ

とにかくその家族には近づかないほうがいいのかもしれないね
また、何か問題起こされても困るよね。

悪魔

関わるのも関わらないのも自分達次第だからな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る