イケメンモデルに貢いで交際に発展で同居…しかし、金目当てで結局最後はポイされアラサーで男性不信の女性の話。

ビンタされる彼氏

現在、30歳、独身を貫く女性で寂しい人生を送っている。
私の過去は本当に暗闇に包まれているような、どん底の人生を歩んで来たから、
未だに男性を信じることが出来ず、一人身なのかもしれない。

今回、私が関わった男性との生活を紹介したいと思う。

悪魔

アラサーで男性不信…

テンシ

この人何があったんだろう

私は幼い頃から誰かに愛されたいという感情を強く持った人間だったような気がする。
幼い頃は厳しい父に褒められたくて、愛されたくて、必死に何事も努力をしてきた気がする。

しかし、どんなに頑張っても期待以上の娘になることは出来ず、笑顔を見れることは滅多になかった。

テンシ

親の笑顔っていつでも見れないのかな

アクマ

仲悪いんじゃない

しかし、ある日、父の誕生日にお小遣いを溜めて高価なネクタイをプレゼントしたことがあった。

すると父の反応は今までに見たことのない笑顔を浮かべ、頭を撫でながら、お礼を言ってくれた。そ
の瞬間、お金を出すことで父の笑顔は買うことが出来るのか…という考えが幼い心に芽生えてしまった。

お金をかけて、高価な物をプレゼントすると愛されることが出来ると歪んだ考え方を植え付けたまま、大人になってしまったのだ。

テンシ

ねじ曲がった愛情しか受けられなかったんだね、可哀想

悪魔

ねじ曲がった性格に進化中

私は22歳の時に運命の男性と出会った。
私の一目惚れで好きになった男性はアパレル販売員兼モデルの仕事をする、イケメンの男性。

彼に私という存在を知ってもらいたくて、必死に彼のお店に行き、お金を継ぎ込んだ。

別に使わないアクセサリーやメンズの服なども衝動買いし、彼にとっては良い顧客という存在になっていった。

必死のアピールの結果、彼は私の恋人になった。

天使

イケメンゲットだぜ

アクマ

ポケモンゲット的な感じかw

天使

ここまでいくら貢いだか

悪魔

金かよ

この時は、もう死んでも良いと思えるほど嬉しかったが、今、冷静に考えると初めからお金目当てだったのだと思う。

彼と付き合い始めて、すぐに同棲が始まった。彼はもともと一人暮らしだったが、
私ともっと一緒に居たいと強く言われ、すぐに新居を探すことにした。

当時、私は車の製造工場で3交代の勤務体制で働いていた。

その為、貯金はソコソコ貯まっていたので、ある程度のお金は一括で払うことが出来た。

天使

20代でお金貯めてるんだね!堅実的だ~~~

アクマ

これから~イケメンに吸い込まれます~ご注意ください~♪

彼と住む新しいアパートは全て私が払うことになった。敷金、礼金は勿論、新しい家具なども全て私が払うことになっていた。
彼はトップモデルになる為、資金を貯めなくてはいけないのでお金は出せないと強く言われ、私が援助することにした。

そんな状況でも不満は全く感じなかった。お金を出すことで彼と一緒にいれる時間が増えるなら幸せだと心の底から思っていた。

私にとって、彼と付き合えていること自体、夢のような状況だったので、この幸せが続くのなら何でもしようと決意していた。
この時から、私は彼に完全に依存していたのだと思う。

テンシ

依存怖い…恋愛に夢中になるのはもちろんいいと思うけど、私生活に影響を出したらいけないよ

アクマ

相当惚れ込んでると予想wそしてお金も順調に減っております

テンシ

実況中継?!

一緒に暮らし始めて半年、同棲当初から生活費も全て私が払っていた。

家賃、光熱費、食費、様々な出費がかさみ、以前のように貯金は出来なくなっていたが何とかぎりぎり生活は出来ていた。

しかし、定期的に彼の衝動買いをするので、その時は次の給料日まで食費を必死に削った。
彼はデートの際にブランドの服を欲しがり、子猫のように甘えてくるのだ。そんな彼に対し、断ることは出来ず、何でも買い与えてしまった。

アクマ

金目当てだw服ほしがる時に甘えるとこかwwwもう金もらうことしか考えて無いじゃん

天使

でも、彼氏に甘えられたらうれしかったんじゃない?

アクマ

まあ後ろに金が見えてるからなwww

すると彼の行動は徐々にエスカレートし、私のクレジットカードを持ち、勝手に使いこむようになった。

私も暗証番号など教えなければ良かったのだろうが、教えないと別れると言われると断ることが出来ない。
彼との別れは私にとって、死に値する程に辛いことだった。
クレジットカードの請求は毎月、恐ろしい金額でついに私の貯金は尽きてしまった。

テンシ

そろそろ冷静になろうよ

悪魔

教えないと別れるって言われたら俺なら別れるwww

テンシ

彼との別れは死に値するほどつらいって聞いてるこっちがつらい

悪魔

天使が悪魔じみたこと言ってるww

テンシ

聞かなかったことにして~~~

使えるお金がなくなった彼は友人からお金を借りるようになり、彼は借金を色々な場所で作るようになっていた。

ある日、借金返済の催促の為、多くの彼の友人が訪ねてきた。

皆、般若の顔になっており、ご立腹の様子だった。

彼はパニックになり、私に助けを求めてきた。友人達が帰宅すると、私に縋りつき、借金返済を私に任せようとしてきた。

「返済出来なかったら、もう死ぬ」と泣きながら訴えてくるので、私は昼の仕事+夜は風俗として働くことを決意した。

身体を売ってまでお金で彼を繋ぎとめたい、彼を救いたいと思うようになっていた。

天使

今からでも大丈夫!別れよう!!

アクマ

もう依存度が高いので、も…う…手遅れです…

こんな愛情は間違っていると何度も思ったが、彼を救えるのは私しかいないと完全に恋愛に酔っていた。

必死に稼いでも、彼は新たな場所で借金を作ってくるので、
いつまで経っても返済は出来ず、身体と精神は徐々に壊れていった。

そんな私でも彼に愛されたくて、身体を要求した。しかし、彼は私の身体が汚いと言って、抱いてはくれなかった。

彼の為に、知らない男性に抱かれているのに、私は寂しくなった。結局、借金返済することは出来ず、
彼はいつのまにか浮気をして新しい彼女の元に行っていた。

アクマ

最後はポイ捨てされるとか末路やば

テンシ

どんな形でも別れて良かったと思うよ。でもこの女性抜け殻にならないか心配…

新しい彼女はお金持ちのお嬢様らしく、私のような女はゴミ以下だと言って捨てられてしまった。

私はお金では人の気持ちを繋ぎとめることは出来ないことを身を持って知った。
その出来事から5年が経った今でも、男性不信になった私の心は修正出来ないままなのだ。

お金で人間を買うことは、間違っていると今ならわかる。

テンシ

5年経っても男性不信か…もっと早く救われてほしかったな

アクマ

お金は人間を変える

テンシ

そうかもしれないけど…私はお金では得られないものがあると思ってるよ!プライスレス!!

アクマ

それは人それぞれの価値観だからな、俺がとやかく否定するようなことではなさそうだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る