親の借金のせいで、借金取りに嫁ぐピンチ!でも、親戚が助けてくれた。しかし、この親戚も只者ではなかった…

危ない男

現在35歳性別は女です。お金のトラブルがあったのは私が18歳のとき高校を卒業して

就職をし車の免許を取得できた辺りの話で、

あれから17年以上経ちますがいまだに怖いし厄払いになればいいなぁ
と思いここに吐いていきたいと思っている。

私の家はお金にルーズな一族で基本的に貯金をしていない一族。

それは母親や父親だけではなく、
父方母方全員「お金は天下の回り物だからいつかこっちにやってくる」という思考の持ち主。

アクマ

両親の考えが頭お花畑状況ww

天使

ポジティブってことかな

悪魔

ある意味な

しかしお金が今までこっちに廻ってきたことなんかねぇし、

いつかお金が廻ってくるから借金していても別にいいじゃん!ていうバカな人たちだった。

私も当時はそれに毒されていたんだと思う。
親は金の話しかしないから私も妹もうんざりしていたので、自分の友人たちにはお金の話とかしなかった。

これが救いだったと思うんだけど、今でも高校時代の友人とかは付き合いがある。

反面教師?ていうの?だったんだろうな。

あと、うちで親は料理を作らなかった。いつも惣菜だった。半額の。

テンシ

親の手料理食べずに育ってきた、かわいそう…

アクマ

親があれならな

スーパーがしまる前に買ってくるの。「今日はこれ安かった」親が自慢してくる。
私もそれが常識だと思っていた。

親の料理の思い出はなく、値引きのシールの思い出しかない。
そんな家で育ってきた。

親は自営業をしていた。このあたりは特定されると怖いので伏せておくけど、
事業がうまくいかなくなった。

テンシ

自営業なのに、お金は回り物とか思わないでほしい

アクマ

さあ、いつ現実を見るのかww

親の「金は天下の回り物」という思考が悪かったのは言うまでもない。
自分で努力しなかったから借金まみれになった。

しかし親はバカでポジティブなので、

この時点でも「いつかお金はこちらに廻ってくる」と言っていた。何も行動していないのに。

そもそも自営業がうまくいったのだって、バブルで仕事が沢山あったからであって、
親のおかげではない。どんなバカにでも仕事が沢山まわってくる、

そんな時代だっただけ。どんどん膨らむ借金、その数値をみても危機感のない親。
親に毒されているからそれがどれだけ危ないことか分からない私達キョウダイ。そんな感じだった。

悪魔

この親面白すぎるwww

親が本気で「やべぇ」て思ったのは自宅に借金取りがきたときだと思う。
私も借金取りをみて「やべぇ」て思ったもん。

なんかもうゲーム「龍が如く」に出てきそうな人がきた。当時は法律が甘かったらしくて、
家まできても別に危害くわえなきゃセーフみたいなもんだったらしい。

テンシ

借金取りって来るんだね

アクマ

天使まさかの興味津々ww

天使

テレビや映画だけの世界だと思ってた

ウシジマくんとか読んでも分かるかもしれないけど、午後八時?までは自宅にきてもいい、とかなんとか。
そのあたりはよく知らないし知りたくもないし。

うちにきた借金取りの人たちにお金返してね、て言われてもお金はない。

自宅に帰ったら借金取りの前で正座している親がいた。

うわぁ漫画か映画みたいだなぁってぼんやり思ってた。他人事だったってこと。

借金取りと自宅で遭遇したりもした。

だいぶ私も慣れてきて「お金返せないのによく来るよなぁ」とか思ったりしていた。

麻痺していたんだと思う。それから三ヶ月くらいしたと思う。

テンシ

借金取りに慣れとかあるんだ!びっくり!

アクマ

親なんもしないのか?!

夜中によく父親と母親が相談していた。

今まではバカみたいに「金はいつか廻ってくる」とか言ってたのに、

すげー真剣そうな顔していた。ちょっと怖かったけど、
知らんがな、と思ってトイレにいって自室に戻ろうとした。

そしたら、私を借金取りに嫁がせる話と妹はまだ高校生なんだけど高校を辞めさせて働かせるっていう話をしていた。
この後に及んで親が働く気はねぇのか、と思った。クズだなと思った。

今までの口調とかからは思えないくらい真剣な話だったので、
こりゃ下手したら本当に嫁がされる&妹が学校辞めるハメになる、

と思って、私が唯一信用できる、というかきちんと就職して毎月お金を稼いでいる親戚に相談してみたんだ。

テンシ

親戚に頼める人がいてよかった!

悪魔

今頃知らない奴に嫁に入らなければならなかったもんな

そしたら、話を一通り聞いたあと、私と妹を自宅に置いてくれた。

最初は意味がわからなかった。ただの相談だったから、
これからどうしたらいいかねぇみたいなモンだったし。

親戚の家においてもらってよくわからないまま日数が経つと「もう安心だよ」といわれ、
何が安心なのか分からなかったけど、

親の毒から抜け出せてからやっと知ったことは、あのあと借金取りと親戚が話をつけてきたこと。

(親戚は、というかうちの一族大体そうなんだけど、
あまりよろしくない家系でどこかしらヤクザとかそういうのと繋がっているそうな)

テンシ

待って、親戚何者?警察?えぇ~~!

悪魔

良い人だけど、世間的に見たら…

借金は親だけのものであり子供には関係がないから子供に手を出すな、子供の面倒はこちらで見るからということだった。

今からして思えば凄くありがたいけど、当時はなぜか「ふーん」としか思わなかった。

多分、ずっとあの環境に育ってきたせいで認識とか全てがおかしくなっていたんだと思う。

親戚いわく「実際に嫁がせるつもりだった」とのことだった。危うくすきでもない男と結婚させられるところだったんだ、

と思いつつ今は親戚から少し離れて

(この親戚もいつ警察に捕まってもおかしくない人らしいので、親戚が離れたほうがいいよ、と言ってくれた)生活している。

妹は無事に高校を卒業して、親や私から離れて遠くで暮らしている。

テンシ

でも、この親戚常識は弁えてそう

私は、親がおかしいことや親戚もおかしいこと、というのが分かってきたけど、
どこまでおかしいのか、どこまで常識なのか、という距離がいまいち掴めずにいる。

一応社会人として生活はしているけど、気を抜けば親みたいになりそうで怖いと思って生きている。

テンシ

親見たいになるかどうかはあなた次第だよ!!
普通の社会人になれたのならこのままでいてほしいな

悪魔

親の血を引いたらいいことなさそうだなw

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る