中途採用で雇われた会社での同僚のM君。本性はお金借りて返さないキチガイだったww

うさん臭い男

45歳男性で工務店関係の仕事をしている。30歳を越えた時に今の会社に中途採用で勤務をする事になったが、
先輩の方々は皆さん私より年下で20代前半の方が多く10歳ぐらい離れた先輩もいた。

途中入社でしたので新人社員として先輩に教えを頂いていたが、年齢が離れていたので、お互いに気を使いながら指導をして頂いた感じ。

そんな状況の中で一人だけ気を使う事無く接する事ができた人がいたのですが同じ年齢のM君だった。

同じく途中入社だった事もあり気兼ねなく話す事が出来るし、入社の過程が似ていた事もあった。

だから、直ぐに意気投合をして仲良く慣れた。仕事の話もそうだが、
プライベートでも行動を共にする事が多くなり、同僚として親交を深めていく事になって行った。

天使

中途採用で年下が上司ってやっぱり気まずいよね。M君みたいな人いるとうれしいね!

d26

あまり仲良くなりすぎるのも良くないけど

気心が許せるという事もあったので色々と頼み事をお願いしては力になってくれていたが、ある日M君から一つの頼み事をされた。

それは、どうしてもお金が必要で貸してくれないかと催促のお願い。

悪魔

M君の甘え入りまーすww

天使

せっかくの同じ年の同僚が…

小額なら手元にあったので貸そうと思いいくらか聞いた所、5万円を貸してくれと言う。
意外な金額だったし、ちょっと多すぎると思ったので、それは厳し過ぎると言い返した。

すると、4万円、3万円、2万円と徐々に額を下げて行き、最終的には1万円で良いと言い出したので友人の為ならと思い貸す事に。

風の噂でギャンブルに嵌っていると聞いていたが、もしかして遊ぶ為なのかと聞いた所、家の父親の入院費に当てるという事だった。

テンシ

親の入院費ならダメと言えないじゃん

悪魔

そもそもお金ないのか、こいつww

次の給料日に必ず返すと言われ貸す事にしたが、給料日になると返せ無いと言われた。
仕方が無いと思ったので給料結局は半年後に返してくれた。
一万円を返すのに半年も掛かるとはどう言う性格をしているのかと思ったが、お付き合いがあったので大目に見ている状況だった。

その後も度々、5千円、一万円を貸してくれと言われることが多くなって行き度々貸していたが、
約束の期日を守る事無く、いつも3ヶ月遅れで返すような人。

天使

お金を貸してもすぐ返されたら良いのに…

悪魔

良いように使われてるだけwww

返してくれる人だと思っていたので安心はしていた、彼を信じた私が馬鹿だった。
ある日の事、食事を奢るからと言われレストランに連れて行かれたのですが、何かあると思っていた所、真剣な話を聞いて欲しいと言われた。

入院中の父親の体調が思わしくなく何度か手術をしたので、容態は一向に回復することが無く長い間入院をしていると告げられた。

給料の殆どを入院費に注ぎ込んでいた為に経済的にも生活が厳しくて、毎日が苦痛だと泣きついて来た。
本当にどうしようかと迷っていると告げられ苦しそうな表情で話し始めた。

長時間に渡り家庭環境の事を話していたが、彼の目を見ると何かを訴えているような目をしており、
私に何かを言って欲しいような感じに見受けられた。

アクマ

レストランのお金は奢れるのかいww

テンシ

1万や2万じゃないでしょ

アクマ

「食事代払ってやるから、金貸して」という意味

つまり、お金を貸してあげると言って欲しいような表情をしており、彼の話の節々に同情を誘うような会話が盛り込まれていた。

このままだと生きているのも辛いですとか、どこかに行って首を吊って死んでしまって消えてしまい等、
こちらに助け舟を出して欲しいような雰囲気が見受けられた。正直、彼が困っている訳だし大きな額は出せなくても、
小額なら貸してあげても良いと思っていた。

しかし、彼の今までの行動を見ていると信用をして貸す事が出来なかった。1万円を借りて約束の日に返すどころか、
今度でお願いと言われ続け、金銭面に対してはルーズな面があることを知っていたから。

今ここで本当に貸したとしても返ってくる保障もないし、返してくれたとしてもいつの日になるのか想像もつかない。

その辺を踏まえて合えて貸してあげるとは言わなかったのが、痺れを切らした彼が話し出し、お願いだからお金を貸してくれと言い出した。
雰囲気的にそうなるだろうと思っていて驚く事はなかった、念のためにいくらか貸せばいいのと聞いた。

すると30万円を貸して欲しいと言い出した。想像をしていた額よりも遥かに大きいし右から左に出せる金額ではない。

悪魔

今までの10倍の額ww味をしめたなw

テンシ

今までの分も払っていないのに30万貸せないよ

アクマ

だからそのための奢りと説得w

私にも生活があるし、貸す余裕などありませんので断ろうと思ったが、彼の切羽詰った願いに心を許してしまい無理をして用意をした30万円を貸す事になった。

返却は次のボーナスの時に必ず返すと約束をして貸す事にした。ところが、ボーナス月になると厳しいのでもう少し待ってくれと言い出し、いつもの彼の悪い癖が出始めた。

正直、額が額なので今度は引く事ができず怒ったが、更に問い詰めると毎月1万ずつ返すとか、返せる月に纏めて返すと言い出し最初の約束と違う事を言う始末。

本当に頭に来たが少しだけ我慢をして待つ事にして、彼の判断に任せる事にした。

その後、部署が変わり離れた支店に私が移動する事になり、彼の顔を見る事が少なくなったが、いつの間にか彼は会社を辞めてしまい連絡が取れなくなった。

貸したお金を返す事も無く姿を消したが、思い出しても悔しいし騙されたとしか言い様がない。
それ以来、お金の貸し借りはしなくなったし、よく見て判断をする事を学んだ。

天使

30万はいったいどこへ…??

d21

M君の懐へ行ってしまったww

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る