私の叔父さん。親戚まで借金地獄に陥れるガチのクズだった。

クズ

叔父がクズすぎたせいで親戚まで巻き込んでもめてる話。

私の母は三兄弟の長女で、弟が2人いる。母は70才、後の二人も60代。

問題は一番下の弟、私からみれば叔父なんだけど、こいつがクズ過ぎた。

悪魔

クズ過ぎるか。お手並み拝見といこうじゃないか。

テンシ

あなたはどういう立場なの?

叔父は、若い頃からヒッピー?みたいな感じだったらしい。

留年して大学に入ったのにすぐにやめて、紹介された会社もひと月もたずにバックレた。

たぶん人生で一度もまともに勤めた経験がないと思う。

どうやって食いつないでいたかは親戚一同ずっと不明だった。

オタクな感じの人だから女の影もないし、いかにも怪しい友達がうろうろしていてそこから日雇いみたいな仕事をもらっていたみたい。

景気がよかった頃は、よく海外にもその怪しい友達と行ってると自慢してた。

でもいくらきいても何の仕事かはよくわからなかった。

テンシ

確かにちょっと変な人かもしれないね。

d30

ちょっととは・・?

バブルがはじけて経済ぐわああってなってるとき、祖父(当時、我が家に同居してた)のところに来て、「俺借金あるねん。やばいヤツやねん」って言い出した。

詳しくは知らないが何千万単位の借金を祖父が肩代わりして返済した。

祖父は土地持ちだったんだけど、そのときに先祖代々受け継いでた土地をほとんど売った。

そうやって祖父が甘やかしたのがいけなかったのだと思う。

テンシ

バブル崩壊のあおりを受けたのかな?

アクマ

どのみち借金はしてたと思うぞ。

「仮にもうちの長男だから」と思い、生活をさせてやらなければと思い立った。

そこでマンションを買い与えた。

仕事も紹介した(これもすぐバックれた)。

祖父が死んだとき、遺産はそれなりに残っていた。

そしてどういうわけか、叔父にはまた借金の山ができていた。

「あいつの面倒をみてやってくれ」というのが祖父の遺言だったから、仕方なく祖父の遺産のほとんどは叔父に渡し、「これで借金を返すように」と念を押した。

テンシ

借金返してくれるかなあ。

悪魔

ただ金を渡すだけじゃ何も変わらないぞ。

祖父の死後、兄弟(うちの母ともう一人の叔父)にはあまり交流がなかったのだけど、3年くらいしてフラリとあらわれた。

「俺、借金あるねん。姉ちゃん、なんとかしてえな」

借金は返したはずでは!?

遺産はどうした!

と詰め寄ると

「あれは借金返済にあてなかった。生活費にあてた」

働かなくても食べていけるからラッキー!と思ったらしい。

で、借用書を見せられたんだけど、連帯保証人の欄にはなんと、母の名前が書かれていた!

ずいぶん前に借りた金らしくて、もともとは祖父が保証人だったのだけど、祖父が死んだので母に書き換えられていた。

どういうわけかハンコも勝手に押してあった。

アクマ

こいつは予想以上にあだで返しやがったwww

テンシ

・・・。

当然、母は怒り狂った。

けどハンコ押されてるから、支払わなければうちに取り立てが来てしまう。

我が家の金はビタ一文も出したくない。

そこで親戚中で相談をして、「とりあえずマンションを売れ」といって祖父が買ってやったマンションを売らせた。

かわりに賃貸のアパートを探して住まわせようとしたら「どうして俺がこんなボロい部屋に住まなあかんねん!」と激怒して暴れまわった。

どうも叔父は我が家に寄生しようと企んでいたらしい。

それでも強制的に引っ越しをさせた。

そして兄弟の縁切りを宣言した。

今後いっさい我が家にも、もう一人の叔父の家にも近づくなと。

テンシ

もう更生することは無理なのかな・・?

アクマ

きっと更生するよ。

天使

そうだよね。更生できるよね。

d21

そうだね。あなたもずっとピュアのままでいてね。

それからまた3年経ったある日。

聞いたこともない遠くの病院から連絡がきた。

「弟さんが脳梗塞で入院したので来てほしい」と言われた。

ろくでなしの弟とは縁を切ったのでと断ったら、「兄弟には扶養義務があって、法律的に縁を切ることはできません。治療費をお姉さんが払ってください」といわれた。

仕方がないので母は3時間ほどかけて地方の病院へ行った。

地方ながら、なかなか良い病院だったらしく、後遺症はさほどひどいものではなさそうだった。

「でも仕事ができるかどうかは難しいところです」と医者に言われた。どうせ働いてないんだけど。

叔父のアパートへ行って調べたところによると、貯金はもちろんゼロだった。

日雇いみたいなことをして家賃はぎりぎり納めていたらしい。

健康保険には入っていたが、入院保険などはゼロ。

国民年金も入っていない。

なのに家には高級カメラと車があって、そしてまた借金の山があった。

返済期限はまだもうちょっとあったのだけど、普通の銀行とかの借金じゃないみたいだったし、一部はやっぱり母が保証人にされていた。

借金の額はあちこち合わせて「3千万」だった。

アクマ

ダメだこりゃwww

テンシ

・・・。

吐きそうになった。

「脳梗塞で死ねばよかったのに」と全員が口に出した。

借金に関してはもうとても払える額じゃなかったから、弁護士をたてることにした。

勝手にハンコを押されたので私たちは払う義務はないし、もしかしたら叔父を牢屋に連れていってもらえないかと期待してる。

犯罪歴がついたら兄弟の縁を切ることはできるのだろうか?

勝手にハンコを押して闇金で借金してくるのはどうしたら止められるんだろう?

もし法的にダメだったら借金依存症とかで精神科にみてもらったほうが良いのかもしれないと、病院で言われた。

テンシ

依存症かあ。恐ろしいなあ。

もうひとつ、うわあと思ったのが、叔父の友人たちのこと。

一人は怪しい商売をしていて叔父に借金をさせていたことが分かった。

他の人たちは何をしているかわからないが、ちょっとだけ話したことによれば、やはり60を間近にして「未婚・職なし・貯金なし・保険なし・年金なし」の身の上であることがわかった。

類は友を呼ぶと思った。

アクマ

いやあ、ほんとに指折りのクズだったな。

テンシ

でも、家族で彼を止めていれば・・・。

d22

落ち度は家族にあると・・?

テンシ

分からないけど、できるとしたらこれくらいだよね。家族で借金について真剣に考える必要はあると思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る