【貧乏でも】お金が無くても充実した生活はできる!【楽しく】

楽しむ

私の結婚当時の貧乏エピソードを紹介します。

私は、21歳の時に結婚したのですが、年齢的にも本当に貧乏で毎日必死で生きていました。
また、22歳の時に子供が産まれたので、さらに貧乏になってしまいました。
ですが、子供にだけは貧乏な思いをさせたくなくて、子供のオムツやミルク、服だけはしっかりとお金をだしていました。

テンシ

子供には貧しい思いをさせたくないもんね!

アクマ

貧乏人ってあれだろ?w
いっつも「お金 ない」で検索してんだろ?ww

家賃は4万円で2LDKの本当に古いアパートに住んでいました。
築年数も古いため家自体も寒く、あまり日が当たらないため、とにかく寒い家でした。
しかし、わたしたちのお給料ではこれくらいの家賃が精一杯でした。
わたしも少しでもお金を稼ごうと内職をして頑張っていたのですが、そこまで稼げず、貧乏で仕方なかったです。

親も近くに住んでいないのもあり、援助もなく、少ないお金でなんとか生活をしていました。
あるとき電気代が払えず、もう少しで止められそうになったり、駐車場代が払えず、何度も請求の電話が来たこともあります。
もちろん払う気はあるので遅れて払いに行きました。

アクマ

暗くて寒い部屋かww
貧乏人にピッタリだなww

テンシ

その言い方は酷いよ!

私は料理は比較的得意だったので、節約料理を勉強してなんとかやりくりしていました。
わたしたち三人の食費は2万円いかなかったと思います。
毎日必死で生活していました。
また、車は家に1台しかなかったので、わたしは食事の買出しは頑張って自転車で行っていました。
車がないと生活の難しい地域だったのですが、自転車で週に1回か2回後ろに子供を乗せて買い物に行っていました。
私が住んでいるところは田舎の方ですが、スーパーだけは比較的近くにあったので、それだけ助かりました。
また、今のようにネットで何でも買うというのは主流ではなかったのでネットで日用品を買うということはしておらず、大きなものを買うときは夫についていってもらうか、頑張って自転車に乗せていました。

テンシ

苦労したんだね…!

アクマ

貧乏だと大変だろ?w不幸だろ?ww

わたしが行なっていた節約を紹介します。

まず、光熱費ですが、プロパンガスなのでまず、ガス代が本当に高いです。
ですので、追い炊きはしないで家族が一度にお風呂に入っていました。そして、冬にお湯を使うとガス代がかなりアップするのでゴム手袋をして水で洗っていました。
そして、すごく寒い部屋だったのですが、エアコンを使うと電気が高くなるので、コタツ1台で基本は過ごしていました。
コタツは意外と電気代が安く、1日つけていても1ヶ月で1000円とかかりません。
ですので、寝るとき以外ほぼつけっぱなしにしてコタツの中で過ごしていました。
もともと広い部屋ではなかったので遊びまわれるスペースはないので子供もコタツの周辺で遊んでいて、寒かったらコタツの中にはいってきました。
コタツにはいっていると本当に温かく、よほど寒くないと暖房は必要ありません。
ストーブと併用していたのですが、ストーブは寒い朝やお風呂に入って出たときなど局所的な使い方しかしませんでした。
そのおかげが真冬でも暖房費がすごく安くてコタツはすごく助かりました。
コタツは今でも使っていて冬の暖房の節約にしています。
暖房費を抑えたい人にはすごくオススメです。

テンシ

こたつあったかいよね~!
入ってると幸せな気分になるよねえ。

アクマ

あれっ…もっと悲惨な貧乏エピソードを期待してたんだけど…

そして、水道代ももちろん節約していました。
基本的にお風呂のお湯は洗濯に回して使います。
これだけでも水道代が減ります。
また、お風呂のお湯もなるべく減らして使っていて、体を洗うときはシャワーではなく、お風呂のお湯で流して使っていました。
食費も1日めに少したくさん作って次の日はそれをリメイクして違う料理を作ったりして工夫していました。
もちろん基本的に外食はしません。
家族の誕生日はすべて手作りケーキです。
私は料理が得意だったので、料理を作るのは苦ではなかったので、節約できていたと思います。
また、外に遊びに行くときは基本的にお金を使うことはしません。
公園など安く遊べるところで遊び、お弁当持参で遊びに行きます。
当時は電気代、ガス代、家賃などを支払えなくならないように精一杯頑張っていました。

天使

誕生日に手作りのケーキが食べれるなんて、お子さんは幸せだー!
手作りのお弁当を持ってのお出かけも楽しそう!

d23

なんかあんまり悲惨な感じしないなー
これじゃ楽しい節約生活だ。

当時の貧乏話を紹介しました。
今ではお給料も上がり、安定した生活を送っていますが、当時の節約のクセが抜けなくて今でもすぐに節約の事を考えてしまいます。
私自身が節約が大好きなのもありますが、あれから10年以上たったいまでもそこまで生活レベルは上がっていません。
もちろん水道、光熱費が払えないという事は一切ないのですが、今は子供たちの将来のために節約を頑張っています。
相変わらず、外食はしませんし、お金を使った遊びもあまりしませんが、子供はそれで満足しているので良いのかなと思っています。
それに将来子供が大学など教育費にお金がいるようになってからお金を使ってあげたいと思うので節約生活をして頑張っています。

今思えばあのとき貧乏で工夫した生活があったから今の生活があると思っています。
お金は何かあったときに絶対に必要なのでそれまでに頑張って貯めて、本当に必要になったときに困らないようにしておきたいと思います。
もし、今の生活が苦しくて節約したくなったら、これらの節約を参考にしてください。

テンシ

苦しい貧乏生活を経験したからこそ、今の堅実な暮らしがあるんだね!

d29

貧乏な奴は不幸になると思ってたのに、コイツはならなかったな。

天使

貧乏でも、心まで貧しくはならなかったからだよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る