佐知子さん(仮名)の母がクズ!父には見捨てられる!→でもそんな家族を見捨てない健気さに感動。

健気な女性

私の同級生の佐知子さん(仮名)の家族の金銭トラブルの話です。

佐知子さんの家庭は昔からお金持ちで、佐知子さんが小学生の頃もいつも可愛い高そうな洋服を着ていました。

私を含め他の友達は遊ぶ約束をする時に佐知子さんの家にお呼ばれするのがすごく嬉しかったのです。

何故なら彼女の家は豪邸で庭には大きなプールがあったり、大人しくお利口なダルメシアンが3匹、お手伝いさんが2人いていつも遊びにいくと手作りのケーキやクッキーなどを好きなだけ食べさせてもらえたからです。

また佐知子さんも裕福な家庭で育ったからかとても気前のいい優しい女の子でした。佐知子さんの周りにはいつも自然と友達が集まり仲良しが沢山いるようでした。

天使

幸せな人な一緒にいると幸せになるよね!

悪魔

そうか。だから天使はみんなお前みたいにハッピーなんだな。

天使

それは褒めてるの?

d21

皮肉ってるの。

中学校に進学し私は佐知子さんと同じ中学にに通うことになりました。

一年生の頃は同じクラスで小学生の頃のようによく彼女の家に遊びに行ったりテスト前になると彼女の大きくホテルのような部屋でお菓子を食べながらよく勉強させてもらいました。

しかし、二年生になり彼女と違うクラスになって三カ月が経ったころ、廊下で佐知子さんのすれ違い挨拶をしたら無視されるようになってしまったのです。

最初は私が何か気に触ることでも言ったりしてしまったのかなと心配で、彼女に直接聞いてみたのですが「あんたに関係ない」と突き放されてしまいました。

それから中学卒業するまであの優しい彼女は戻ってくることはなかったと思います。

天使

何かあったのかな?

アクマ

何もないほうが不自然では?wwww

それから高校生になり、中学時代に佐知子さんと付き合った男子に当時の彼女について何か知っていることはないか聞いてみると…

佐知子さんが中学生時代に両親の母親の方が浮気をして父親と離婚したようなのです。

アクマ

母親がクズパターンか。

佐知子さんの父親は事業主で当時かなり儲けていました。

母親の浮気が父親にバレ、母親のための貯金や資産もすべて父親がひきだし、遠い南の島に姿を眩ませました。

それからというもの、10年くらい専業主婦をしていた佐知子さんの母親は仕事をすることに嫌悪感をかなり持っていたらしく、少しだけあった母親の貯金を切り崩してあの豪邸に住み続けていたそうです。

もちろん父親の稼ぎがないので、庭のプールも水を張る余裕もないですし、お手伝いさんも解雇したそうです。

そして今までお手伝いさんに家事や育児など全て任せていた母親はその役目を長女である佐知子さんに任せたのです。

お金を稼ぎなさい!とも佐知子さんに言い続けていたようで、中学の頃からこっそり夜の危険なアルバイトをしたりして、裕福な家庭で自由気ままにのびのびと育った心優しい佐知子さんはそのあまりにも辛すぎる現実に疲弊していきました。

いくらアルバイトで必死に稼いでも、給料日の次の日に母親にそのお金をすべて取り上げられ、生活の質を落としたくない母親のブランド品や高い化粧品、彼氏とのデート代に使われてしまったそうです。

しかし、佐知子さんの頑張りも報われず、結局母親の金遣いの悪さと働きにでずただ男と遊び歩く生活のせいで、とうとうあの立派な豪邸も売りにだされてしまいました。

アクマ

努力って報われないもんだなあwwww

テンシ

佐知子さんかわいそう。

高校生になった佐知子さんはすっかり荒んでしまい、豪邸の家から市営住宅に引っ越したそうです。

そして、高校へ行くお金も母親が遊びに使い果してしまい、困り果てた佐知子さんは離婚した父親の元へお金をもらえないか相談しに行きました。

するとその父親は新しい奥さんと新しい家庭を築いていたのです。

そして涙目でお金下さいと父親に頼んだ彼女に向かって父親はこう言い放ったのです。

「あのバカなアバズレ女の娘に渡す金はないんだ。ごめんよ。」と…。

この言葉を聞いた彼女は自暴自棄に入りました。

アクマ

お父様・・賢明な判断でございますwwww

テンシ

・・。佐知子さんはどうしたらよかったんだろう・・?

アクマ

頼み方が悪かったんじゃね?

テンシ

てきとーに答えないで!

高校を自らの意思でやめ、借金まみれの母親のお金の世話はもう懲り懲りだと母親に言い捨て、家を飛び出しました。

そして、東北育ちの彼女はなけなしの貯金を手に関東へ飛びます。

東京歌舞伎町でキャバクラ嬢として成功を収めようと必死で努力したそうです。

テンシ

水商売はいけないけど・・仕方ないよね・・。

しかし、そこは田舎ではなく都会…もともと可愛らしい彼女でしたが、都会には芸能人並みの美しい女の子が沢山いました。

そこで彼女はキャバクラで稼いだお金で整形をしたりエステに通ったそうです。

どんどん顔も変わり働くうちに人気もでてそのお店でナンバー入りするほどの人気嬢にまで上り詰めましたが、やはり彼女の中で唯一の肉親の母親のことが忘れられなかったようで…。

2000万ほど稼いだお金を持って22歳の時に東北の実家の母親が住む市営住宅に戻ります。その大金を母親に渡したそうです。

その頃には粋がっていた母親もすっかり衰退し、持病で弱り果てていました。

自己破産をして、生活保護を受けていたという母親の弱々しい姿を目の当たりにした佐知子さんは、それから細々と仕事をしながら母親の面倒を見ているようです。

母親のせいで彼女の人生は狂いました。

しかし、どんな最低な母親であってもやはり生みの親でありたった1人の大切な母親だったのだなと感じました。

テンシ

家族を思う気持ちは本当に尊敬するなあ・・・。報われてほしいなあ・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る