アメリカから帰国後、家族で共同生活。しかし、両親の借金から歯車が狂いだす…。

アメリカ
共同生活の始まり

私はアメリカの大学に進学してアメリカの大学を卒業しました。

卒業後もニューヨークに住んでいましたが、経済的な理由で帰国することになったのです。

私の実家は一戸建ての家だったのですが、20年前に古い家を壊して、4歳年上の兄がそこに新しく家を建てることになりました。

古い家には私の部屋がありましたが、ニューヨークに私は住んでいましたので、建て替える時には私の部屋が用意されていませんでした。

10年前に帰国することになった時に、両親は兄に話していなかったらしく、兄はまた私の一時帰国だろうと思っていたようです。

両親は私が帰国することに際して、自分たちが使っていた和室を私に譲ってくれました。

本当は2回に空いた部屋が一つあったのですが、兄に気兼ねしてそこを使わせて欲しいと言い出せなかったようです。

そこで、両親は居間に寝るようになって、私は引越し荷物を和室に運び入れて使うようになりました。

天使

家族水入らずで共同生活かあ。

アクマ

経済的に困窮して誰かが入水する事態にならなければいいがww

テンシ

うまいこと言えてないよ。

私はうつ病を患っていて、働きに出ることができませんでした。

両親は金銭的には年金で暮らしていましたが、いろいろと出費があって、私のクレジットカードのキャッシングを使って35万円を借りて欲しいと言ってきました。

そこで、必ず毎月の返済をしてくれることを約束して35万円を私のクレジットカードのキャッシングで借りることにしました。

最初の頃は引き落としの日には15000円を渡してくれていましたが、そのうちにだんだんと決められた日にお金をくれなくなっていきました。

アクマ

おやおや?困った両親ですねえ。

私は自分の貯金で立て替えてキャッシングの支払いをしていましたが、母はちょっと認知症のけがあって、キャッシングの支払い期限のことが理解できなくなっていました。

それが原因で何度も喧嘩になりましたが、どうしても母にはキャッシングの支払い期限のことが理解できないのです。

クレジットカードの会社から借りているのではなく、私から借りているような勘違いを起こすようになりました。

それで、私に向かって返済を待って欲しいと言うようになったのです。

何度私が待つとかいう問題ではないのだと説明しましたがわかってもらえませんでした。

それで非常に困ったので、兄に言って残高を全額返済することになりました。

天使

頼れるお兄さんだね!

悪魔

こうやってどんどんしわ寄せがwww

母の死・・・。そして家族はバラバラに・・・。

家は兄が建てたものなので、兄名義でしたが、土地は父のもので父名義でした。

その頃、父は兄に土地を1000万円で買って欲しいと言っていたようですが、兄は拒否していたようです。

そして7年前に母が亡くなって、母名義の借金は返さずに良くなりました。

母が亡くなってから、家族はバラバラになって、経済的にも別々にすることになりました。

食事もそれぞれ勝手に食べるようになって、食費なども自分で払うことになりました。

私はうつ病で障害年金を受け取っているので、そのお金で食事をしていました。

父は私が急性膵炎になって入院した時にも入院費用を払おうとしませんでした。

とても冷たいと思いました。

父は年金を自分だけで溜め込んでしました。

それなのにお金はない、と言って、私の治療費をサポートしてくれませんでした。

障害年金だけが収入の私に病院でかかった費用を自分でなんとかしろと言うのでとてもつらかったです。

テンシ

家族までバラバラになっちゃうなんて・・・。

アクマ

いいよ!いい流れが作れているよ!

そして、3年前に父が突然亡くなりました。

それで、兄は私に家から出て行けと言いました。

そして、父が貯金していたお金を渡す代わりに家から出て行くことを言いだしました。

私は一軒の家で仲が悪い兄と一緒に暮らすのは無理だと思いました。

しかし土地の半分は私のものなのに、なぜ出て行かなければならないのだろうかと思いました。

しかし、その時にはとにかく兄と一緒にいたくなくて、引っ越し先を探しました。

兄は父が亡くなってさっぱりしたような感じで、父の遺品を燃やしに行きました。

そして父の預金を全額私がもらうことで土地を兄に譲ることになりました。

今考えると、その時に土地を譲るためにいくらかもらっておけばよかったと思うのですが、その時にはそこまで考えが回りませんでした。

兄は家と土地と車を手に入れて満足気味でした。

アクマ

家族の絆なんてこんなものですわwww

テンシ

・・・。

その後の話と後悔していること

父が亡くなって2ヶ月後には私はマンションに引っ越すことになりました。

障害年金と父が残した預金だけが財産で、こんなことなら、土地を譲る時に1000万円で父が売ろうとしていたということは半分は500万円の価値があると思うので、少なくとも300万円くらいはもらっておけばよかったと痛烈に思いました。

しかし、すでに土地を兄に譲ることに関する書類に判子を押したので要求することができなくなっていたのです。

兄は私がアメリカの大学に行った時にかかった費用などを理由に私には土地を相続する権利がないと言いました。

確かにアメリカの大学に進学するには数千万円がかかることになっていて、それを両親に出してもらったので仕方がありませんが、預金が少なくなってきたら、やっぱり土地の代金をもらっておけばよかったとつくづく思います。

300万円はもらっておけばよかったと思います。

天使

でも、お金のことでこれ以上ギクシャクしなくてよかったのかな・・?

アクマ

弁護士まで呼ぶと面倒だからな。でも悪魔を呼んでいただければ・・。

テンシ

言わせないよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る